♪ 小さな私塾の先生から見た子ども達、風景、異文化の世界 ♪
花と光と風と…
 Index Home
 バラの分類と系統  1
モダンローズ

●Hybrid Tea(HT)






 ラ・フランス
La France
Mme Victor Verdier X Mme Bravy
ギョー/フランス/1867

モダンローズの端緒を開いた
ハイブリッドティ第1号



 返り咲き(二季咲き)性をもった大輪のバラと、四季咲性をもった中国原産系のバラを交配することにより、両者の長所を併せ持ったこの品種が誕生しました。
 明治時代から、「天地開」という名称で日本でも栽培されていたようです。

ダマスク系の芳醇な香りが特徴です。








ピース
Peace
Mailland/フランス/1945



 第二次世界大戦の終結の年、世界の平和を願ってネーミングされたという記念すべきバラ。
 フランス名は、マダム・アントワーヌ・メイアンで、作出家のメイアン氏の母親クラウディアに捧げたバラだとのこと。敗戦国であるイタリアでは「ジョイア」(歓喜)、ドイツでは[グロリア・デイ」(栄光の日)という名前で売り出されたそうです。

 








アフロディーテ
Afhrodite
タンタウ/ドイツ/2006


 アフロディーテは古代ギリシャ神話の中で、あらゆる神々の中で最高の美しさと称された美の女神です。大神ゼウスの娘、アフロディーテは、別名ヴィーナスともいいます。 (ローマ名はウェヌス、この英語読みがヴィーナス)アフロディーテが誕生した時、神々は、バラの花を創造し、美の女神である彼女の誕生を祝ったとのことです。
 この花は、その美しい女神の名を戴いたバラで、花の外側が剣弁 花の内側がカップ咲きというとても個性的な花形です。





 「モダンローズ」とは、ハイブリッドティローズ以降の系統群の呼び名です。
1867年に作出された「ラ・フランス」がハイブリッドティローズという新しい系統の第1号と認定されたのを機にして、それ以降に作出された系統群をモダンローズとよびます。
それに対して、改良の手が加えられていない原種を「ワイルドローズ」、その中間に連なるバラを「オールドローズ」とよんでいます。    

「モダンローズ(現代バラ)」には、ハイブリッドティローズ以降の系統群が含まれます。
●ハイブリッドティローズ(HT)
●フロリバンダローズ(F)
●イングリッシュローズ
●(モダン)シュラブ
●(ハイブリッド)ポりアンサ
●クライミングローズ(Cl)

●ミニチュアローズ(Min)

クリスチャン・ディオール(HT) クイーン・エリザベス(HT) マダム・ヴィオレ(HT)
天津乙女(HT) ジャストジョイ(HT) エスプレッソ(HT)
ピンク・ラスター ダイアナ・P. of ウェールズ ジュリア(HT)
ブリタニア(HT) 常夏(HT) ヴィクトル・ユーゴ(HT)
デンティベス(HT) イングリット・バーグマン(HT) アルカンシェル(HT)
夢想(HT) 聖火(HT) ゴールドメダル(HT)
あけぼの(HT) ブラックティ(HT) マヌーメイアン(HT)
ブルーシャトー ダム・ドゥ・シャノンリー ブルーパフューム
ファウンテン・スクウェア レッド・デブル エル
カトリーヌ・ドゥヌーヴ 女神 チャイコフスキー
初恋 歌姫 楽園
丹頂 紫雲 秋月
ホワイト・クリスマス マルコ・ポーロ クリストファー・コロンボ
ゴールデン・ハート マキシム メモアー
ルージュ・メイアン バニラ・パフューム ロクレア
フレンチ・レース フリージア シャルル・ド・ゴール
オーギュスト・ルノアール ヨハン・シュトラウス ミケランジェロ
ピンク・パンサー パパメイアン マッカートニーローズ

●Floribunda(F)






万葉
Mannyo
Ambassador X Gold Bunny
鈴木省三/日本/1988


 日本人の和心にしっとりと沁みるようなあんず色の、本当に美しい花です。








プチ・トリアノン
Petit Trianon
フランス/2006

 
 このバラは、フランス王妃マリー・アントワネットが愛した離宮プチ・トリアノンの名を冠したバラです。肖像画の中で、マリー・アントワネットが掲げている淡いピンクのバラをイメージしました。ソフトピンクの花弁はとても美しくデリケートな美をかもしだしています。







  フロリバンダとは、中輪で数輪の花が房咲きとなるタイプのモダンローズのことです。四季咲き性で、コンパクトな樹形のものが多いです。
 



アイスバーグ(F) ショッキング・ブルー(F) パーマネント・ウェーブ
サプライズ マチルダ 浪漫(ロマン)
カフェ 金連歩 プリンセスミチコ
マリア・テレジア メヌエット アンバークィーン
緑光 紅(くれない) 優香
ほのか 春の舞 和音
しのぶれど ジャルダン・ドゥ・フランス
モナ・リサ
ブルーフォーユー 早春 ジャルダン・ドゥ・フランス
ベル・ドゥ・セニョール ラバグルート 桜貝
カレドスコープ 銀世界 花霞
イントリーク ゴールデン・シャッツ ペーパームーン
ザンブラ '98 ラ・ローズ・ボルドー わらべ歌
ユリイカ





アンネのバラ
Souvenir d'Anne Frank 
アンネ・フランクの形見)

Delforge /ベルギー/1960






 「アンネのバラ」は、日記に感動したベルギー人園芸家がアンネをイメージして作り、アンネの父親のオットー氏に贈られました。つぼみは深紅で、花が咲き始めると黄、オレンジ、淡いピンク、紅へと神秘的に変化します。