♪ 小さな私塾の先生から見た子ども達、風景、異文化の世界 ♪
花と光と風と…
 Index Home
パリ市街 Paris, République française 2009




La tour Eiffel



エッフェル塔
下から見るとこ~んな感じ!




パリ地下鉄のディズニー映画のポスター
2日後には、「ユニクロ」パリ店オープンのポスターが
全地下鉄駅のプラットホームの壁一面に・・・




  生まれて初めてのヨーロッパ。そしてパリの一人旅。
 
   ( …勿論、若き頃にはイギリス3度の長期滞在や、
      長いカナダ在住の経験がありますが… )


友人宅のある南ドイツのラインフェルデンからフランス側の隣駅、Mulhouse(ミュルーズ)まで車で送ってもらい、TGVに乗って一人、パリへと向かいました。
宿は、パリの北駅近くの素敵な宿をインターネットで格安価格で予約し、あとは、フリープランで3日間を過ごしました。英語と片言のフランス語を武器として…?
  
MUSTだった、ルーブル美術館、ヴェルサイユ宮殿とプチ・トリアノン、そして凱旋門とエッフェル塔が見られればまずは満足・・・というのが目標でした。

実際は、それに加えて、セーヌ河岸の街並み、ノートルダム寺院、ソルボンヌ大学やカルチェラタン、バスチーユの革命広場と記念塔など、様々なパリの顔を見たり、その奥深い歴史に触れることができました。



 
 
 
 




フランスの高速列車TGV
日本の新幹線より高速です

 




パリのノード駅(北駅)
Gare du Nord


 




ノード駅周辺の早朝のシーン


 






 



パリ・オペラ座
Academie Nationale de Musique

 





 




ルーブル美術館とガラスのピラミッド

La pyramide du Louvre




 

Louvre Museum




 




ガラスのピラミッドの中から外をのぞくと…

 

 
ちょっと残念だったのは、世界的にベストセラーになった『ダヴィンチ・コード』をよく読まずに来てしまったことでした。 もし、もっとじっくり読んでいたら、きっともっと面白い発見や物の見方ができたのに…と思わずにはいられませんでした。

この地上につきだしたガラスのピラミッドと、その西方にあるカル―ゼル凱旋門の中間には、地上からは見えない「逆さピラミッド」が、ルーヴル美術館の地下につきだしているそうです。
映画では、ジャン・レノがトム・ハンクスを殺人現場に連れていくシーンに登場します。
下準備不足のため、その時は気付かなかったのですが、実はこのガラスのピラミッドを撮影した位置が、その逆さピラミッドのあるエリアで、何度もその辺りを歩き回っていたのです。

ところで、このカル―ゼル凱旋門は、かのナポレオンが最初に建てた凱旋門なのだということ。
それもみな、帰国してから知りました。
そして、通常、私たちが「凱旋門」と呼んでいるシャルル・ドゴール広場にある凱旋門は、これと区別するために「エトワール凱旋門」と呼ばれたりもするそうです。
ナポレオンはこちらの凱旋門の完成を見ることなく、あの世へと旅立って行ったとのことでした。
 
 







ガラスのピラミッドの下は広~い地下ホール














ルー
カル―ゼル凱旋門
Arc de Triomphe du Carrousel




ジャンヌ・ダルク
Jeanne d'Arc







  





アメリカのワシントンD.C.で見た
ワシントン・モニュメントにとてもよく似た
オベリスク=
Luxor Obelisk (クレオパトラの針)







コンコルド革命広場
Place de la Concorde







凱旋門に向かう道路わきには
こんなおしゃれな売店が…







フランスのお巡りさん。婦警さんも活躍中







凱旋門へ続く道







とてもお洒落なシャンゼリゼ通り
Les Champs-Élysées














歩き疲れてちょっとコーヒーブレイクを…

 
 




エトワール凱旋門
Arc de triomphe de l'Etoile