♪ 小さな私塾の先生から見た子ども達、風景、異文化の世界 ♪
花と光と風と…
 Index Home
ルーブル美術館   2009





「サモトラケの二ケ」=勝利の女神
Victoire de Samothrace





ルーブル美術館とガラスのピラミッド(入口)
La pyramide du Louvre





Le Musée du Louvre



  ルーヴル美術館はアメリカのメトロポリタン美術館と並んで世界最大級の美術館です。パリに来たら必ず一度は寄りたい所の一つでしょう。膨大なコレクション数を誇り、所蔵作品は30万点以上と言われ、そのうち展示されている作品が2万〜3万点とのこと。そして世界各地の美術館に貸し出される作品があったり、展示替えがあったりするので、常に展示内容は少しずつ変化しているようです。観たいと思っていた作品が、日本の美術館に貸し出し中ということもあるそうです。
訪れたのは初秋の9月半ば、夏休みは終わりの時期でしたが、どこも黒山の人だかり…。

ここルーブル美術館は、寛大にもフラッシュをたかなければ、写真撮影はOKでしたが、多くの群がる人々を避けながら、写り込む照明の反射光をかわすのは至難の業でした。そのため絵画のアングルを、上手に設定することは、なかなかできませんでした。
心残りですが、いたしかたありません。
 
このルーブルは最初はパリ市街を防衛する要塞として建てられ、その後王族の住む宮殿となり、そして美術館へと変遷をたどった歴史があり、あまりにも広大な展示場となっています。じっくり見ようと思ったら、一週間は必要といわれるくらいですから…。

せめて3日ぐらいかけて全てを鑑賞できたら、どんなに素晴らしかったことでしょう。
またの機会があることを願ってやみません。
  
 








The Ruben's Gallery
Marie de' Medici
「ギャラリー・ドゥ・メディシス」
通称「ルーベンスホール」







ルーブ館






ジュリアス・シーザー(カエサル)
Jules César






ミロのヴィーナス
Aphrodite, dite Vénus de Milo

  







エトルリアの夫婦の棺
Le Sarcophage des Époux














キューピッドとプシケ―
Psyché ranimée par le baiser de l'Amour







スフィンクス








舞踏会広間の女像柱



 




聖母子と幼児聖ヨハネ (美しき女庭師)
by ラファエロ







マダム・ポンパドール
Madame de Pompadour

 






葡萄の房を持つ聖母
La Vierge a la grappe
ピェール・ミニャール







聖アンナと聖母子
レオナルド・ダ・ビンチ








『皇帝ナポレオン一世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠式』
Le Sacre de Napoléon Ier
ダヴィッド
前にいる人物と比較するといかに大きな絵画かわかります
(こちらはレプリカで、本物はヴェルサイユ宮殿にあります)






ナポレオン皇帝
Napoléon Bonaparte






ポール・ドラローシュ『アルプス越えのナポレオン』
Napoléon Bonaparte


 

 



ドラクロワの 『民衆を導く自由の女神』
La Liberté guidant le peuple





『岩窟の聖母』
La Vierge aux rochers
レオナルド・ダ・ビンチ

「ダヴィンチ・コード」で話題になりました







『洗礼者ヨハネ』
Saint Jean Baptiste
レオナルド・ダ・ビンチ

やはりこの天を指す指の解釈で話題になりました







イエスとマグダラのマリア
涙と髪の毛でイエスの足を洗うマリア








『最後の晩餐』
La Cène

有名なレオナルド・ダ・ビンチのものではありません

 




「モナ・リザ」
La Joconde
レオナルド・ダ・ビンチ








 
「読書」
La Lecture
Pierre-Auguste Renoir
ルノアール







ルーブル美術館(2)へ