♪ 小さな私塾の先生から見た子ども達、風景、異文化の世界 ♪
花と光と風と…
 Index Home
樽前自然遊園    July 2010




私有地内にある森田沼
ひょうたんの形をしています





会いたかったサンショウバラ
富士山麓に自生する原種バラの一種です






その葉は本当にサンショウに似ています
蕾はみごとに濃いピンク色、
開花につれて淡くなっていきます







真ん中がサンショウバラの木
両脇はコデマリの木
  


  先日図書館から借りてきた10冊ほどの北海道の自然
関連の本の中に、興味をひかれる植物が何種類も生
息し、おまけに野鳥や小動物の観察もできる場所として森田遊園が紹介されていました。
支笏湖周辺の樽前山南麓にある豊かな大自然を満喫できるエリアです。

 事前に連絡を入れ、さっそく訪ねてみると、その広大な私有地の所有者であるMさんご夫妻は本当に快く迎えてくださいました。そして様々な山野草の撮影のあと、あらゆる鳥の声と習性に精通したM夫人と一緒にカワセミを観察することができました。そして・・・なんと、カワセミのホバリングも見ることができたのです!なんてラッキーなんでしょう!

 2週連続でお邪魔しましたが、2回とも奥様の心づくしのランチをご馳走になりました。周辺で採れたばかりの三つ葉やシイタケ、フキなどの山野草を使った美味しい手作りのお料理を堪能できました。

 また、今回はなんと鳥の餌台にやってきたテン(イタチの仲間)も観察できました。他にも、キツネやタヌキ、シカなどが毎日やって来るそうです。

 さらに、ハスカップの実を夫人と一緒につみ、ジャムにしてみて、とおみやげにいただいてきました。
  












味付けも最高!
ご自宅でとれたカモミールティーと一緒に

いただきました





クロバナロウゲ(黒花狼花)バラ科  40cm






ヤナギトラノオ(サクラソウ科) 40cm




珍しいヒトツバイチヤクソウ 20cm





ヒトツバイチヤクソウの群生









ミヤマキヌタソウ(アカネ科)  30cm






ヤグルマソウ(ユキノシタ科) 160cm


 



サルメンエビネ(ラン科) 60cm






サイハイラン(ラン科) 50cm


 



ベニバナイチヤクソウ 20cm


 



スズムシソウ(ラン科) 40cm
 




ヤマトキソウ(ラン科)
雨のしずくを頭に…
高さ 6cm、花の直径 8mm
小さな小さな花です





とんがったニオイヒバの前の茂みが
ハスカップの木々です




  





ハスカップの実




自宅でさっそく造りました。
手作りの酵母パンに
ルバーブジャムとハスカップジャムを添えて…。

Hmmm…,Yummy…!
 



モウセンゴケ 6cm
食虫植物







イオウゴケ(硫黄苔)ハナゴケ科 2cm
地衣類で通常は硫化水素の臭いがする温泉地帯に
良く見かけます。
チムニーの先端に赤い胞子を作る袋のようなものがあり、
それの事をモンローリップというそうです。
かつての樽前山噴火時の硫黄の成分がこの地域の
土壌にしみているのでしょうか。