♪ 小さな私塾の先生から見た子ども達、風景、異文化の世界 ♪
花と光と風と…
 Index
北大植物園  June 2010





ムラサキ ハシドイ
SYRINGA VULGARIS
(ライラック)




ヘンリー ハシドイ
SYRINGA HENRY







  時は6月下旬、この北海道にも遅い初夏がやってきました。と、同時に北国のこの地にはライラックの甘い香りがさわやかな風にのって何処からともなく漂ってきます。このちょっと切ないようなほのかに甘酸っぱい香りは、私が青春時代を過ごしたカナダの東部トロント郊外の情景を思い出させてくれます。
 この北大植物園を訪れた時は、大きな一角を占めるライラックの樹木が最盛期を誇るように咲き競っていました。一口にライラックと言っても、これほどの種類があるのかと驚くほどでした。
 案内板によると、この一帯のライラックは、北海道大学創基100周年を祝って1976年に、アメリカマサチューセッツ州のアマースト・ガーデン・クラブ図書委員長のMrs.Mary Mariko MAKI夫人より寄贈された苗を、この植物園で育成したものとのことでした。MAKI夫人は、ボランティアグループのリーダーとして、特に北海道がアマーストに派遣した婦人グループの受け入れに長年尽力されてきたそうです。夫君のDr.John M.MAKI教授(ワシントン州立大学,マサチューセッツ大学アマースト校、政治学)には、北海道大学創基100周年の折に、名誉学位が授与されています。ちなみにマサチューセッツ大学アマースト校は、かのクラーク博士を札幌に送ったかつてのマサチューセッツ農科大学であり、同教授の著書に『W.S.CLARK : A Yankee In Hokkaido』(高久真一訳「クラーク その栄光と挫折」) があります。

 『ライラック』 SYRINGA VULGARIS

モクセイ科ハシドイ属の落葉灌木で5月から6月にかけて美しい花を房のように咲かせる。香りが良く、香水も作られている。ライラックは英名、フランス名はリラ、和名はムラサキハシドイ、またはハナハシドイ。ヨーロッパ南東部の原産で冷涼な気候を好み、日本では北海道に明治中期に入り、広く栽培される。園芸品種も多い。日本に自生するハシドイは同じ仲間で、高木になり白い花を咲かせる。 (モクセイ科)



 


『ハルニレ』 ULMUS JAPONICA

ニレ属の中で最も大きくなる種類で、北海道に多く、肥沃な沖積地に林をつくる。同属のアキニレに対して春に花が咲くのでハルニレと呼ばれる。英名のエルム(ELM)でも良く知られている。本植物園や北大のキャンパスの景観を代表するところから北大を『エルムの学園』と呼ぶこともある。
ニレは世界各地で神聖視され、アイヌ神話でも『火の神』として敬われている。
高さ30m、直径2〜3mになることがある。
園内の大きいハルニレは樹齢約200年に達する。   (ニレ科)





 




ハルニレ


 




ハンカチノキ



 


『ハンカチノキ』 DAVIDIA INVOLUCRATA

中国の中部から西南部に自生し、1科1属1種、高さ20mぐらいになる落葉高木。花は球形の頭状花序に付き、1個の両性花または雌花と多数の雄花群からなり、基部に大小2片の白色苞が垂れ下がる。
名前はこの苞をハンカチに見立ててつけられた。
本種は、フランス人でカトリック聖ラザル会のダヴィッド神父によって1869年7月中国四川省宝興で発見されたものである。(ジャイアント・パンダも同神父により、同年同場所で発見されている。)
この株は佐藤英行氏により寄贈された。
 (ハンカチノキ科)





 


 ブナ
 FAGUS CRENATA

日本の温帯を代表する樹種で、東北地方を中心とし、本州中部以南では山地の上部にあらわれる。
北海道では渡島半島に分布し、寿都と長万部を結ぶ黒松内低地帯を北限とする。
昔から各種の用材として利用された。日本では庭園に用いられることは少ないが、ヨーロッパでは紫色の葉を持つムラサキセイヨウブナやシダレブナなどが庭園や並木などに用いられる。

…『世界自然遺産の白神山地』は、秋田県と青森県の2県にまたがる世界最大級の広大なブナの天然森林地帯です。






 










 

 ムラサキセイヨウブナ
 FAGUS SYLVATICA VAR. ATROPUNICEA

北ヨーロッパに分布するヨーロッパブナの変種の一つで、その名のように葉が濃い紫色をしている。
太陽に透かして見ると葉脈の間に紫色の色素が多く集まっているのがわかる。
春に特に色が濃く、秋にはやや薄い色になる。ドイツを中心として北ヨーロッパでは各地に普通に見られ、公園などにも植えられるほか生垣にもする。
日本での繁殖は、もっぱらブナへの接ぎ木による。










ハマナス




 


ハンザ
Rosa Rugosa
HYB. Hansa
(ハマナス)

 




レッドリーフ・ローズ
Redleaf Rose
Rosa rubrifolia







プリックリー・ローズ
Prickly Rose
Rosa acicularis
(オオタカネバラ)

 




ウッズ・ローズ
Woods Rose
Rosa Woodsii

 




メドウ・ローズ
Meadow Rose
Rosa Blanda

 

















 温室
 







 


今回の植物園探訪の第一目的は、礼文アツモリソウに出会うことでした。しかしながら時期がずれてしまい結局は会えずじまい・・・。
本当は礼文島を訪れて直接、一目でも自生するその姿に出会いたかったのですが、専任教員として忙しい時期でもありましたし、お休みはとれませんでした。

かわりにこの珍しい『チョウセンキバナアツモリソウ』にベストのタイミングで出会うことができました。
そして『オオヤマサギソウ』も見事な姿を見せてくれました。あの『アツモリソウ』もとても立派に花咲かせていました。



 

『チョウセンキバナアツモリソウ』
(朝鮮黄花敦盛草)
Cypripedium guttatum ver. guttatum

チョウセンキバナアツモリソウは北半球の亜寒帯から寒帯にかけて広く分布しますが、日本では秋田県の一部にしか分布しないという特殊な分布をするランです。エゾノクマガイソウやデワノアツモりなどと呼ばれることもあり、地元の秋田県ではオガノアツモリという名前も使われたようです。草地や明るい林床を好み、シベリアなど北方では低地に、雲南省などでは山岳草地に生えています。開花期は普通6月で、小さな花を一つ咲かせます。国内の自生地では盗掘が相次いだため、現在環境省の絶滅危惧TA類に指定され、研究機関によって増殖が試みられています。

この株は、種子を人工的に発芽させたものです。




 





 



オオヤマサギソウ
Platanthera sachalinensis




 



オオヤマサギソウの根元の葉は立派に
「ラン科」であることを物語っています。



 



アツモリソウ
Cypripedium macranthos