♪ 小さな私塾の先生から見た子ども達、風景、異文化の世界 ♪
花と光と風と…
 Index Home
  利尻礼文の旅   2011





素敵な稚内のホテル






ハマナスの香りが辺り一面に…





 ついに、憧れの最果ての地、「最北限」の礼文島に行ってきました。念願かなって大満足です。
 稚内には大学時代に一度、一人旅で訪れたことがありました。その時はあの『氷雪の門』の前でかの歴史的事件を思い神妙な想いにひたりましたが、今回は礼文島巡りのツアー参加が目的でした。
 7月は比較的霧の日が多いと聞きましたが、幸い雨も降ることなく、美しい最果ての島の風景を満喫することができました。
 唯一、残念だったのは憧れの「礼文アツモリソウ」に出会えなかったことでしょうか。でも、6月に訪れた札幌の北大植物園ではじっくりとご対面できたので、それはそれで満足することができました。
 時間の関係上、利尻島には行くことができませんでしたが、利尻富士がかすかな薄曇りの中から、くっきりと姿を見せてくれ、その整った姿にうっとり…でした。
 




礼文ウスユキソウに初対面!
 



フェリー「Heart Land」で礼文島へ


 

 
 翌朝、4時半起きで朝食バイキングの後、フェリーへ。早起きが苦手な私はさっそく2等室のごろ寝コーナーで
ぐっすりと寝不足解消。

 目覚めていれば、船に沿って追いかけるように泳ぐイルカの姿や、利尻富士の優雅な山容を眺められたはずでしたが…。まずは、不快な揺れも無く、至って快適な船旅でした。













エゾカワラナデシコ







 

 




 






 



『名所:最北限のトイレ』


 



澄海岬:スカイ岬


 



レブンソウ

 



とれたてウニ、三貫で1000円也!
ホントにとろけるように旨い!

 














  「猫台・桃台」とは、どうやら「猫岩」と「桃岩」を眺めることのできる展望台だったよう…。

猫岩はなるほど、耳を立てて、背中を丸めて…本当に猫にそっくり!でも、ある人が、キツネみたいと言うので、そういわれてみると、確かにキツネにも似ているような・・・?
ちょっと鼻先が長めで、自分の体を舐めているキツネさんのようにも見えてきますね。








猫岩はこれ!


 
 



こちらが桃岩


 



うっすらと雲間から姿を現した利尻富士



 


ここは街灯までもが礼文アツモリソウ








 
 



たしかに日本最北端の駅でした!


 



フェリーから見た利尻富士
まるで別れを惜しむかのように見送ってくれました