花と光と風と…
 Index Home
秋の紅葉とアカゲラと・・・   October  2012
 




 




 


  長かった猛暑の夏も終わり、いよいよ本格的な秋の訪れです。森はすっかり秋色に染まり、冬支度前のしばしの小春日和を楽しむ季節・・・。
 森を歩くと、様々な小鳥たちのさえずりや、木の実をほおばるリス君たちにも出会えます。
 今回は、エゾシマリスやエゾリスに加えて、アカゲラもシャッターに収めることができました。
感激です!!
このアカゲラは、キツツキの仲間ですが、なんと北海道には全部で7種類のキツツキの仲間たちが常駐しているとのこと!アカゲラを筆頭に、ヤマゲラ、コゲラ、オオアカゲラ、コアカゲラ、クマゲラ、アリスイ・・・で、このアリスイだけは、夏になると南の国から渡ってくるのだそうです。
 ちなみに、今回出会ったアカゲラは、どうやら正しくは「オオアカゲラ」でした。図鑑でアカゲラとオオアカゲラの違いを細部にわたって調べたら、胸元から腹にかけて縦縞のあるのはオオアカゲラだということで、サイズ的にもそのようです。ちなみにこれはそのメスです。オスは、後頭部から頭頂部にかけて赤色が鮮やかについています。何故か鳥の世界は、オスの方が華やかなようですね。




オオアカゲラの♀



 







これは森の精からのラブレターです!





 




ツルリンドウの実です
ルビーのように輝く美しさです





 







 

ついにエゾリス君にまた再会~!



 




誰かが置いていったエサが・・・






 




こんな至近距離でエサをほおばり・・・














 
 










 




やめられない、止まらない・・・




 




この胸元で手を組むポーズが
とってもキュート!!




 









 



オオウバユりの実です




 




シマリスくんも、もぐもぐもぐ・・・




 




食欲の秋!!


 




 





 





 そして、芸術の秋といいますが・・・、たしかに秋色に染まる森はとってもオシャレです!