花と光と風と…
 Index Home
晩秋のリスたち   November  2012
 





 野幌にある『北海道百年記念塔』
(開拓100年記念:高さ100m)

その背後には極めて原生林に近い
広大な森が広がっています
様々な生き物との出会いの宝庫です




 


  長く暑かった夏が過ぎると、知らぬ間に北国には冬将軍の訪れが、もうそこまで来ています・・・。
そう、美しい秋の彩りを楽しむ季節はそう長くは続きません。

 何年もの間、ドライブの度に出会う美しい木々の姿や、春先に一番に咲く高山植物との「一期一会」の出会いを楽しみに、カメラ片手に山野を巡ってきましたが・・・ 最近になって、ついにこの私も可愛い野生のリスや野鳥をカメラに収める楽しみにとりつかれてしまいました。

 札幌のような大都会の、近郊ならぬ市街地に隣接したエリアにも、こんなに豊かな大自然がしっかりと保存され、多くの野生動物や野鳥が自然のままに観察できる場所があるなんて・・・。
もう、感動の連続です!!

 とりわけ、この素朴なエゾリスの愛らしさには、本当にはまってしまいました。真冬にも冬眠しないというエゾリスさんとの雪上での出会いも、これからの楽しみです!!

 





胸に手をあてて思案中・・・?


 
 




徐々に落葉して明るくなった広葉樹林



 





落葉松(カラマツ)も青空に映えます



 



かっこいい後ろ姿・・・たくましっ!


 




・・・でも、食べてる姿はあどけない・・・




 




北海道神宮の紅葉
隣接する円山原生林も野生生物の宝庫!



 






 





うまうま・・・


 






 





木々はおしゃれに色づいて・・・



 



















 
 




きのこをガブリッ・・・

旭山にて

 




逆さになって木の幹を上下するゴジュウカラ



 



深まりゆく秋



 









 




このキノコ・・・うまいなぁ


 











余談ですが・・・
藻岩山のマスコットキャラクターの「もーりす」くん
このエゾリスがモデルですね~