花と光と風と…
 Index Home
妖精の舞う森:恵庭  May 2012

 



きれいなピンクのエゾエンゴサク!





  その昔この広い北海道は、私たちの先祖の自由の
天地でありました。天真爛漫な稚児の様に、美しい大自然に抱擁されてのんびりと楽しく生活していた彼等は、真に自然の寵児、なんという幸福な人だちであったでしょう。

 冬の陸には林野をおおう深雪を蹴って、天地を凍らす寒気を物ともせず山又山をふみ越えて熊を狩り、夏の海には涼風泳ぐみどりの波、白い鴎の歌を友に木の葉の様な小舟を浮べてひねもす魚を漁り、花咲く春は軟らかな陽の光を浴びて、永久に囀(さえ)ずる小鳥と共に歌い暮して蕗(ふき)とり蓬(よもぎ)摘み、紅葉の秋は
野分に穂揃うすすきをわけて、宵まで鮭とる篝(かがり)も消え、谷間に友呼ぶ鹿の音を外に、円(まど)かな月に夢を結ぶ。嗚呼なんという楽しい生活でしょう。平和の境、それも今は昔、夢は破れて幾十年、この地は急速な変転をなし、山野は村に、村は町にと次第々々に開けてゆく。

  *****************************

 …最近になって知ったアイヌの天才歌人、知里幸恵の美しい歌集『アイヌ神謡集』の冒頭です。
長〜い冬の雪解けを待ち焦がれたようにして咲き競う早春の花々を見ると、その厳しい冬に耐えながら、自然と調和し、自然の恵みに感謝して生きていた人々の姿が偲ばれます。
 私自身は、明治維新前後から全国より「開拓者」として入植してきた人々の開墾の苦労にとても敬意を感じるのですが、同時に、先住民族であったアイヌの人々がそれにより居住地を追われ、または狭められて多くのものを失っていった過程を思うとき、とても複雑な思いになります。北海道住民になった今、謙虚にその「歴史」を学んでみたいと思っています。

 その日訪れたこの公園は、都市の市街地の一角にありながら、広大なエリアが原生林のまま残されていて、本当に『妖精』が舞う姿を思い描くことができるような美しい森でした。

 
 




ほんのりピンクに染まったニリンソウ


 




きれいなブルーも…


 





緑のニリンソウも…!!















 











ひょっとして「カワユエンレイソウ」かしら
…と思いましたが、どうでしょう?

 




突然変異?…初めて見た花弁の丸いもの
本当に可愛らしい姿です!

    
 




オオバナノエンレイソウ







花弁がとっても細くて長〜い!


 
 






 













 

ヒダカエンレイソウ?




 妖精の舞う森:野幌  May 2012





オオカメノキ





 札幌市の郊外にある野幌森林公園もまた、見事な原生林の残る素晴らしい自然美の宝庫です。
 先回訪れた時は、まだ一体が雪に覆われていて春の気配は感じられませんでしたが、今回は、お天気にも恵まれて、のどかな春の陽気の中で、全ての生きものたちが「命の讃歌」を奏でていました。

 これほどの大都市の側に、こんなに豊かな原生林の領域が保存されているとは、さすが北海道…と驚嘆してしまいます。四季を通じて様々な植生を楽しむことができますね。

 




ゴジュウカラ
2m程の目の前を歩いていました!


 




瑞穂の池


 







 




お休みどころまで用意されて…


 




フクロウが…ななめ後ろ向きですが


 




オオバナノエンレイソウ


 




これはエゾミヤマエンレイソウ…


 




ヒダカエンレイソウ
花弁は一枚ですが…

 




(一方の親)ミヤマエンレイソウ


 




(もう一方の親)エンレイソウが
それぞれすぐ側に…

 



座禅草:ザゼンソウ