花と光と風と…
 Index Home
渓流の森  June 2012

 



(増毛山塊) 暑寒別岳と黄金山







フギレオオバキスミレ





  黄金山でのあまりにも感動的だったエゾヒメギフチョウとの出会い。コンパクトデジカメラにしては上出来の(自画自賛!)蝶の写真は71枚に及び、ついに電池切れになりました! 換えの電池補充には登山口に止めたマイカーに戻らなければならならず、そこで登頂は断念し旧道から新道に回って下山しました。でも、道々、その「春の女神」との出会いが嬉しくて嬉しくて笑みが溢れてくるのを禁じ得ませんでした。本当はもう少しそこに留まっていたら、オクエゾサイシンに産卵する姿もきっと撮ることができたに違いありません。補充バッテリーを持参しなかったことが悔やまれました。でも、次の目標がありました。日が傾く前に増毛町の暑寒別岳麓にある「渓流の森」に行くことでした。ほんの少しの心残りは後にして、別天地に向かいました。

 増毛の港から右折して暑寒別岳方面に向かうと、美しいりんご園が白い花を一斉に花咲かせていました。その光景は、まるで「赤毛のアン」に出てくる「喜びの白い道」のようで、思わずうっとりとしてしまいました。
白い雪を未だいただいた暑寒別岳の山容も、カナダのロッキー山脈を思わせてくれ、本当に嬉しくてたまりませんでした。

 こんな素敵な自然が残されている北海道…
なんとしてでもこの美しい自然を破壊と汚染から守っていかなければ…と心から思いました。






 
 






 




エゾノリュウキンカと「春の女神」


 




ムラサキヤシオで吸蜜する「春の女神」


 








 







 



エゾスジグロチョウ♀ Pieris napi





珍しいという「青軸」のオオゼイニギヤカ
…ならぬ、ヒトリシズカ…です!

 
 


エゾエンゴサクもまだまだ…見頃でした















オオサクラソウ


 




フギレオオバキスミレの大群落

















 






 




ニリンソウ

    
 




「暑寒荘」







暑寒別川


 
 




キツネさんが道を悠然と横断
黄金山ではタヌキさんとも遭遇…
大自然を満喫 !…の一日でした。