花と光と風と…
 Index Home
大雪山 黒岳  June 2012

 



エゾコザクラ(黒岳石室)
一面に咲いていました




  ついに大雪山黒岳に登りました。ぼやぼやしていると、北海道の短い春は駆け足で過ぎ去ってしまい、会いたいお花たちも散ってしまうと思い、矢もたてもたまらず決行することにしました。まだ所々に雪渓が残り、危険だという人もあり、多少の迷いはありました。でも、そこには願った以上の素敵な出会いがありました。

 会いたかったお花たち、初対面のエゾノツガザクラ、エゾハクサンイチゲ、ジンヨウキスミレ…などなどの早春の高山地帯にのみに咲くお花たちは今を盛りと迎えてくれました。そして、運良く会えたらいいな〜とかすかに願っていたシマリスとナキウサギにも会えたのです!本当にラッキーな出会いでした。シマリスもコンデジカメラとしては、なかなかの写りでしょう?ところが、ナキウサギの方は、シマリス以上に私の近く(3〜4mの近距離)にいたのに、あまりの突然の出現にすっかり動転した私はカメラの撮影モードやズームに焦ってしまい、ついに撮り逃がしてしまいました。でも、絵に描いたように、岩場に出てのんびりと遠くを見つめているあのおっとりとした愛らしい姿を眺めることができましたよ。

 今回は、若いご夫婦に連れられた4歳の男の子に出会いました。7合目のリフト降車場から頂上まで約1時間半〜2時間の山道をしっかりと踏みしめながら頑張り通し、頂上を制覇しましたよ。とても素敵な家族でした。
 
 他にも福山雅治風や、ちょっと濃いめのAKIRA風の若者たち、おしゃれで頑張り屋の山ガール達、遠方から来た年配者の方たちなどに出会いました。休日の山歩きは、本当に身も心も健やかにしてくれる最高のレジャーだと、つくづく感じます。
  
 その他、シマリスの別なナイスショットや、他のお花たち…ゴゼンタチバナ、ショウジョウバカマ、ミヤマリンドウ、エゾカラマツ、オニシモツケやマルバシモツケ、チシマノキンバイソウ、エゾタカネスミレ、チシマフウロ、エゾイワツメクサ、ウコンウツギ、ウラジロナナカマド、エゾノイワハタザオなどなど…にも出会いましたよ!
 
 



こんなに可愛いシマリスさんに遭遇!!


 




久しぶりのコマクサ!


 



見て!これゲットしちゃった!
(…と、言ってるような…)

 



孤高のヒト…ならぬ「孤高のリス」…
サマになっていました

 




会いたかったエゾノツガザクラ
濃いピンクで細く尖った感じ…







コエゾツガザクラ(淡いピンクでふっくら)
ニシキツガザクラ(紅紫の絞り模様)

 
 




ロープウェイで5合目
リフトで7合目まで
→黒岳→黒岳石室 往復4時間位「花歩き」





まねき岩
近くから見るとモアイ像のようです







エゾコザクラ&キバナシャクナゲ

 




エゾハクサンイチゲ


 




ジンヨウキスミレ (腎葉黄菫)
なんと葉の形が腎臓に似ているからの名付けとか…

 



キバナノコマノツメ(葉が柔らかく平たい)

 




4才男児の後をパパとママが…
途中には雪渓の残る急斜面が
2〜3ヶ所ありました
 




チングルマ
 





ナガバツガザクラ
ジムカデ


 





コメバツガザクラ
イワヒゲ

 




メアカンキンバイ






黒岳山頂(1984m)


 
 





イワウメ
ミネズオウ

 




石室側から見た黒岳(裏側)



 




黒岳を越して石室に向かう
ほぼ中央が石室


 




黒岳石室(山小屋:バイオトイレ宿泊も!)


 ついに登った大雪山…カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)とはよくぞ言ったものだと思いました。
本当に下界とは違う澄み切った空気、人に穢されていない透明感のある領域…
2000m級の山には幾つか登りましたが、それらの山の中で一番好きになりました!
勿論、花の季節、その日の天候、どの登山口から…ということに
多分に左右されると思いますが。
パノラマに広がる残雪模様も本当に美しかったです。