花と光と風と…
 Index Home
 黒岳五合目〜七合目 June 2012

 



黒岳駅(ロープウェイ5合目)





  この紅葉谷の散策路を歩きながら、私は、数年前に訪れた鹿児島県南端の屋久島の自然を思い返していました。 南北に長く伸びる縦長の日本列島のほぼ南端と北端の違いはあれど、ここ大雪山と屋久島の、それぞれに厳しい自然環境の中で、生き延び、種を保存しようとする激しい「生存へのバイタリティー」には共通するものを感じました。
 
 力尽きて倒れた親木の上に、新たに芽を出し生命をつなぐ「倒木更新」、むき出しの岩の上に絡みつくように根を張り、生き続ける木々の姿。自らの姿に脅威をまとい(蛇目の紋など)敵から身を守る蝶。身を挺して我が子を守るヒグマの母親。…どれもこれも、みな生命を、そしてその「種」を未来永劫に残して継承させていこうとする自然の摂理にのっとっている。

 …しかし、現代人はどうだろう。と、ふと考えてしまいました。この自然界の中で、唯一、人間だけが自らの種の滅亡に向かって暴走し始めているのではないだろうか…。とりわけ「3.11」以来、そう感じてやまないのですが。

 でも、この大自然の美しい営みを眺め、その心地よさを感じながら歩いていると、この現実に直面し、今迄気付かなかった様々な事に多くの人々が気づき始めたこと自体が、「問題解決の大きな一歩」だと思えてきました。きっと、これからの未来は明るいものになるに違いないと思うのです。
問題の根源に気づき始めさえすれば…。
そして私たちが今までの自己本意な生き方を改めさえすれば…と考えながら、何故か嬉しさで笑みが浮かんでくる私でした。
 
 




オオタカネバラ


 



ホソバウルップソウ


 




黒岳7合目登山口
ペアリフト降車場
 





エゾツツジ&オダマキ




山道に突如あらわれたシマリスくん

 
 




エゾノゴゼンタチバナ


 




ゴゼンタチバナ


 




エゾルリソウ


 




チシマヒョウタンボク


 



クロユリ

 



エゾヨツバシオガマ

 





 





 層雲峡 紅葉谷





エゾシロチョウ
北海道の固有種です

 
 







 




レイジンソウ


 





 




紅葉滝(もみじたき)

赤石川最下流の滝

 



ハクセンナズナ







 
 




柱状節理
約3万年前の火山活動に由来するそうです





大雪山を背景にした
広大な「菜の花畑」「ひまわり畑」のパノラマ
…で有名なアンガス牧場
お花の時期ではなかったのね〜;





銀河の滝