花と光と風と…
 Index Home
花の砥石山  May 2012

 



サンリン(三輪)のニリンソウ




  私が札幌近郊にあるこの砥石山の存在を知ったのは、去年のこと。北海道には約10種類ものエンレイソウがあると知り、その中の「トイシノエンレイソウ」が発見されたのが、この砥石山ということでした。室蘭の地球岬の自然散策路にもそのトイシノエンレイソウがあり、去年、めでたく対面することができました。でもやはり、そのメッカである砥石山に咲くその花を一目見たいと思い、登ってみることにしました。この山は採石場が麓にあり、景観美はあまり期待していませんでしたが、どうしてどうして…、登山口から早春の花に溢れた山道が続き、それもとりわけ一つ一つの花が、とても見事な被写体としての美しさを備えていました。
 最初は、お目当てのエンレイソウに出会えたら、途中で引き返すつもりでしたが、なかなか出会えず、その代わり、あまりにも美しい風景と可愛らしい花々の姿に誘われて、どんどん登り続け、ついには頂上近くの三角山に通じる尾根づたいにたどり着きました。その途端、ヒグマとの遭遇が頭をよぎり、急いで中腹まで走るように降りてきました。頂上付近にはまだ雪渓が残り、花々もまだ硬い芽をつけ始めたところでした。…実は、その山道脇にはまだ真新しい糞が落ちていたのです〜(驚!) でも、せせらぎの聞こえる花畑のような中腹当たりに戻ったら、安心感がよみがえってきて、また気を取り直してそのお目当ての花を必死で探しました。

 結局、ここではトイシノエンレイソウに出会うことなく、帰路につきました。出発して4時間半、お昼ご飯も食べず、休憩もとらずヘトヘトの状態で登山口まであと2キロほどの所に差し掛かったとき、マイカーの駐車をお願いした現場事務所の方が車で探しに来てくださいました。実はほんの10日ほど前に、事務所近くに無断駐車して山に登った方が帰らぬ人になったという事件があったばかりだったため、1〜2時間でもどると伝えた私が4時間過ぎても戻らず心配してきてくださったとのことでした。事務所に着くと、所長さんらしき人も私の無事な姿を見て嬉しそうに出迎えてくださいました。お二人の無償の親切にとても嬉しい思いがこみ上げてきました。
 感謝!!…そして反省。  

 
 




本当に美しいワインレッドのエンレイソウ


 






 




今年初の福寿草


 



山道で心地よい森林浴…


 















 
 



シラネアオイ















 




ほんのりピンクに染まったニリンソウ








 




スミレサイシン


 



フキノ花

 






    
 












サンカヨウ


 
 



存在感のある桂の木


 







 




至るところに見かけた緑のニリンソウ


 




花咲き乱れる山道を…






 

木の切り株も素敵なオブジェ



 




(2012/5月 地球岬) 
(アオミノ)トイシノエンレイソウ


 




(地球岬) トイシノエンレイソウ
去年に続き今年も再会






白いオシベが可愛いアクセントです!

山の花歩きの心得は、「取らない」 「採らない」 「盗らない」、

とっていいのは、カメラで「撮ること」だけです!