花と光と風と…
 Index Home
タヌキと秋の実   October  2013
 







初めて間近で見たタヌキです~!




 



  私の大好きなジブリの映画・・・
『平成狸合戦ぽんぽこ』の世界を思い起こさせてくれるような可愛い狸たちとの出会いがありました!
 今までは、林道をドライブ中に、はるか前方を横切る姿を見かけたぐらいでした。しかし、今回は、わずか数メートルの距離で、仲良く地面や草むらを餌探しする二匹をじっくりと観察できました。
そのユーモラスな仕草は、まさに映画『・・・ぽんぽこ』に出てくるタヌキたちそのまま・・・。本当に感動の連続でした!! 大都会の市街地からさほど離れていない森の中で、こんな豊かな自然観察ができるとは・・・嬉しい限りです。
 その次に遭遇したのが、あのエゾリス「タンゲ君」でした。タンゲ君はこの森の「長老」で、既に推定7~8年目に突入した「森のヌシ」でもあります。左目が白濁しているので、この子だとすぐ特定できるのです。とにかく食欲旺盛で、物怖じせず、元気いっぱいで人生を謳歌している感じが素晴らしいと思います。そしてそれが、この厳しい自然界で長寿を保ち生き残る秘訣なのでしょう。
タンゲ君、いつまでも長生きしてね!
 そして今回初登場の「野ねずみ」君!
タヌキは動物園などでもその姿を見ることはできましたが、今回見た野ねずみは、全くの初体験でした。こんなに小さく愛らしい姿だとは・・・想像もつきませんでした。(勿論、私とて、エキノコックスのことや、その中間媒体であることは聞いていましたので、慎重を期しながらの撮影でしたが・・・)
 それにしても、この北海道には、日常の中にも大自然との出会い、触れ合いのチャンスが至るところに溢れていますね~。感動の連続でした!!





 




ツリバナ





 













 







 





マユミ



 





ノイバラの実





 




本当にお久しぶりのタンゲ君!!
とっても元気でした~♪




 




水を飲むのも豪快です・・・
(「タンゲ君」とは、「丹下左膳」から、もしくは
絵本「タンゲクン」から。
左目が白濁していることから、他のリスと識別する
ために、私が心の中で呼びかけている呼び名です。
あくまでも、心の中でです。ご心配なく!!)
 













菊とハチ








そして、そして、これだ~れだ?
多分、「蝦夷ヤチネズミ」
小さな小さなねずみさんです!
短いシッポと、手足が可愛い~~



(ほぼ、実寸大です)



よく見ると、お目目が見えてないみたいです。
頭部~胴体までが約4cm
しっぽが約2cm
・・・図鑑で調べると、これはオトナの半分に
満たないサイズですので、赤ちゃんなのでしょう







アキグミの実



















時々こんな風にズッコケてしまいます。
可愛い~~









両手を組んで、お祈りポーズで・・・
「お願い!もう堪忍して~~!」
「見逃してちょーだい!!」
・・・と懇願しているような・・・
















可愛い可愛いねずみさんでした!!