花と光と風と…
 Index Home
草原の野鳥たち   June  2013
 





ヒバリ  雲雀
スズメ目 ヒバリ科



 



  初夏になり、森の緑が日に日に濃さを増し加えるようになると、鳥たちの姿を見つけるのは困難になります。「声はすれども姿は見えず・・・」という感じですね。その点、草原に集う野鳥たちの姿は、しばし、じっと待ってさえいればほぼ確実に出会えるようになります。
 草原で賑やかに聞こえるヒバリ(雲雀)の声も、空高く勢いよくどこまでも登っていく姿も見たことはありましたが、こんなに近くで出会えるとは・・・、本当に感動しました。
 モズやアカモズ(?)、オオジュリン、ホオアカ、
コヨシキリ・・・などは、初見初撮りでした。
 ノゴマやノビタキ、カワラヒワも、今回はより近い場所で出会えました。
 心地よく、爽やかな初夏の風が吹き抜ける草原は、人と野生との共生や、大自然のありがたさを教えてくれます。こうした環境を守っていかなくてはと心から思わされます。



 









 









 










 




すぐ目の前でさえずるヒバリ





 


ノゴマ  野駒
スズメ目 ツグミ科








ホオアカ  頬赤
スズメ目 ホオジロ科




 




ノビタキ  野鶲
スズメ目 ツグミ科



 




オオジュリン  大寿林
スズメ目 ホオジロ科










オオジュリン  大寿林
スズメ目 ホオジロ科










コヨシキリ  小葦切
スズメ目 ウグイス科









ノビタキ  野鶲
スズメ目 ツグミ科









ヒメイズイ











はまなすの丘の石狩灯台









ホオアカ  頬赤
スズメ目 ホオジロ科








ノゴマ  野駒
スズメ目 ツグミ科






























モズ 百舌
スズメ目 モズ科

ついにモズにも出会いました!
やはりアカモズとはかなり違います
頭も体もより大きくてぽっちゃり型ですね~





アカ モズ  赤百舌

モズとの違いは、白く明瞭な眉斑があり、
頭部からの上面は赤みの強い褐色
翼に白斑がない
かなりスリムで小型です





カワラヒワ  河原鶸
スズメ目 アトリ科











ハマエンドウ












アオジ  青鵐 ♂
スズメ目 ホオジロ科








たぶん、トンビの子ですね~
この目が本当に可愛い~~~♪