花と光と風と…
 Index Home
 アオバト & エゾライチョウ  September 2014






アオバト    緑鳩



アオバト 
肩の部分(小・中雨覆い)が赤紫色
なのは、オスです。
この群れは圧倒的にオスが多かった…





 



  憧れのアオバトについに会えました!!
何度か、あの「ア~オ~、ア~オ~」という鳴き声は耳にしていましたが、その緑色の鳩の姿を見ることは叶いませんでした。
 このアオバトは、不思議な性質を持っていて、何故か海水を飲むために、様々な猛禽との遭遇の危険を冒してでも、群れを成して海岸にやってきます。今回はその不思議な習性を観察することができました。
 海岸に面した崖を覆う草むらから、1羽~2羽の偵察係が海岸の上を旋回します。それが間をおいて数回繰り返され、そしてしばらくすると、数羽の仲間が海岸の水際にやってきます。そうやって安全が確認されるまで、とてもとても慎重に事を運ぶようです。
 大抵はその後に、10羽から10数羽近くのグループで一緒にやって来て、すぐに水面に各々顔をうずめるようにして海水を飲み始めます。
 一旦、海面に顔を入れて水を飲み始めると、さっきまでの警戒心はどこへやら…、本当に嬉しそうに嬉々として大胆にふるまい始めます。
 メスは、前身が緑色…萌黄色、若草色、抹茶色。
オスは、やはりほぼ緑色ですが、肩の部分(雨覆いの部分)は、ワインレッドでとても美しいです。
この10数羽の小連隊が数組いて互い違いに、海岸に飛来し、海水を飲んでいました。
その理由は、海水に含まれるミネラル分の補給のためだと考えられているようです。
 また別な日には、ある野鳥観察小屋の近くで、エゾライチョウを見つけました。両側を雑木林と熊笹に覆われた山道を、トコトコと歩いている姿はとてもユーモラスで愛らしかったです。





 









 













海岸に飛来すると
無我夢中で海水を飲み始めます!!





 






 








 










 



















大きなキノコ






 




クサフジ  草藤