花と光と風と…
 Index Home
 北大イチョウ並木  October 2014






北大博物館脇からの構図




同じく北大博物館の入り口の中から覗いて…


 



  休日ともなると、この時期は、北大のイチョウ並木を見に「紅葉狩り」に来る人々で、大変にぎわいます。時間をずらして、早朝を狙ったりもしましたが、やはり人が紛れ込んでしまうのは、致し方がありませんね。

 早朝には、夜間に落ちた「銀杏ギンナン」の実を拾う人たちもいます。若い人も多いのにはびっくり!

 広大なキャンパスには、明治開拓期の創立当初から、温存された原生林や植物群が至る所に残されていて、多くの野鳥も生息しています。
キャンパス中央部には、「サクシュコトニ川」という川が蛇行していて、今でこそ人口川ですが、設立当初は、鮭も遡上する天然の河川であったそうです。
 訪れるたびに、新鮮な花鳥風月の喜びがあります。奥が深いですね。





 




キャンパス中央にある大野池



 




中央学生食堂前の、サトウカエデ

この楓は、カナダのメープルシュガー
で有名ですね







花木園にある「新渡戸稲造」の像

陸奥国岩手郡盛岡出身
北大前身の「札幌農学校」第二期生
東京女子大学初代学長
国際連盟事務局次長
夫人はアメリカ人のメアリー(万里子)さん 
 




マガモ   真鴨

水面に映る紅葉がきれい!!









ポプラ並木脇にある
みごとなナナカマドの木
今年も豊作です!




 
 


北大名物のポプラ並木





大野池の住人です!!









博物館横の3階から流れ落ちるごとき
玉すだれのような紅葉もみごとです



 




私の大好きな木
毎年、みごとに紅葉します

「Red Oak(レッドオーク)」とあり、
ブナ科コナラ属の広葉樹

 










 




北海道を代表する(?)野草の
オオウバユリも至る所に自生しています
これは秋に結実した実です



 




 




名物、イチョウ並木ですが
人を避けると構図が決まりませんね
















 
 




!