花と光と風と…
 Index Home
春の訪れ   April  2014





ミズバショウ  水芭蕉



厳冬期を本州で過ごし、さらなる「北帰行」を
目指す前に、石狩平野の冬水田んぼで
エネルギー補給をしている
コハクチョウの群れに出会いました


 


『鳥は飛ばねばならぬ』


鳥は飛ばねばならぬ
人は生きねばならぬ

怒涛の海を
飛びゆく鳥のように
混沌の世を
生きねばならぬ

鳥は本能的に
暗黒を突破すれば
光明の島に着くことを知っている

そのように人も
一寸先は闇ではなく
光であることを知らねばならぬ

新しい年を迎えた日の朝
わたしに与えられた命題

鳥は飛ばねばならぬ
人は生きねばならぬ



(坂村 真民)







 
明るい元気な合唱も
聞かせてくれました


 





仲良く飛翔するツガイ









 






 




 




雄叫び~~

『僕はどこまでも、どこまでも、飛んでいくぞ~』


 




ザゼンソウ   座禅草

 





アズマイチゲ











 














アオサギ

繁殖期には、くちばしや脚の色が
婚姻色という赤い色合いに染まります







ベニマシコ  ♀

ついに巷でうわさのベニマシコに遭遇
でも、華やかな紅色の♂ではなく
地味な♀でしたが
嬉しかったです!!






ニオイスミレ   パープル

雪解けとともに、いち早く春を告げる花です


 





ニオイスミレ   クリーム色

明治時代に外来種として移入



 




ベニヒワ  ♂

こちらも今年は「当たり年」
沢山の群れで飛来し、多くのバーダーを
楽しませてくれました。






ところで、この木はなんという木でしょう???
色とりどりのパステルカラーに染まった
カラフルな小枝が気になります。
















ヒトリシズカ









ホオジロ





 




カワラヒワ





 





ニリンソウ