花と光と風と…
 Index Home
硫黄山とツルの里  February 2015













 


  ついに念願の摩周湖、屈斜路湖、阿寒湖を訪ねました。夏がいいか、冬がいいか迷いましたが、どうせ行くなら、厳寒が一番!…ということで、決断しました。

 晴天に恵まれて、
鶴見台でのタンチョウヅルのダンス、
摩周湖の澄み切った青い湖面と雪景色、
屈斜路湖のオオハクチョウ、
硫黄山のみごとな噴煙と
レモンイエローに輝く硫黄の岩肌、
阿寒湖畔のアイヌコタン…etc.etc.

1泊2日で帰りは車中泊という強行スケジュールでしたが、実り多い小旅行でした。

 勿論、釧路の街にも立ち寄り、啄木のゆかりの港文館をじっくりと見学し、また案内士の方から、啄木が滞在していた頃の様々なエピソードを、詳しく教えていただきました。








 



トマムのツインタワー







 














 




オオハクチョウたちも
見とれています







自分のステップに
まるで酔いしれているよう・・・








これは珍客かしらと心ときめきましたが
なんと、タンチョウヅルの幼鳥でした!








あちこちで、それぞれのペアが
愛のダンスを展開しています











美しく華やかなジャンプも・・・










 




硫黄山です





 




















物凄い地熱のパワーを実感しました










イエローケーキと呼ばれる
硫黄の結晶です
大きな塊があちこちに露出しています



 

 













川湯温泉駅









高倉健駅長が出迎えてくれそうな…










プラットホーム側から
列車を待ちつつ入れる足湯








中は、こ~んな感じです










弟子屈の
てしかかし…









可愛い街灯がお出迎え