花と光と風と…
 Index Home
ユリカモメ  4 Seasons 2015





ユリカモメ 11月
典型的な冬羽です
耳羽(ほおの部分)が丸く黒く染まっています





ユリカモメ 5月
すでに夏羽にかわったところ



 


  ユリカモメには、夏羽と冬羽の2種のかなり異なった顔だちの特色があります。

 秋から冬にかけての冬顔は、全体的に白っぽい出で立ちに、頬の部分に黒い頬紅をさしたような感じです。そして、クチバシは赤く、足も鮮やかな赤色です。

 ところが春先から夏にかけては一変して、顔(頭部)全体が真っ黒に変身します。
変身した姿を見たら、到底、同じ鳥とは思えない位の違いとなります。
 今回は、その違いを身近で観察する機会に恵まれました。

 目を疑うほどに、頭にすっぽりと黒頭巾を被ったような夏羽の出で立ちは驚きです。頭部から喉にかけて黒褐色になるのです。嘴と足も黒ずみ、遠目には黒く見えます。また、白いアイリングが愛らしさを一層引き立てます。

 でも、この愛らしい小型のカモメは、その外見とは裏腹に、かなり気性の激しい面もあるようです。秋には、産卵のために遡上してくるサケの大群を河口で待ち受けて、空中から奇襲攻撃をしてその卵を狙います。そのシーンはまた別のページで紹介しますね。

 






 




海辺に・・・たくさん!










 











 




4~5月は換羽の頃、
夏羽と冬羽混じっていますね









飛翔の姿も素敵です




 




イカ釣り漁船










  








水中に狙いを定めて…






























ウミネコとの、大きさ比較です
かなり小さいでしょう?