花と光と風と…
 Index Home
エゾシカ親子  Autumn 2016





道南の山野をドライブ中、ふと前方を眺めると
何かが左手の草原に・・・
スピードを落として良く見ると
なんと可愛らしいエゾシカの親子が・・・
感激でした!








この後、私に気づき
親子で一気に
駆け去って行きました











イカリモンガ

蛾の仲間ですが、
限りなく蝶に近い仲間です



 





ゲンノショウコ

良く見ると、とっても繊細で美しい花


 






江差にある厳島神社の鳥居


2015年、島の厳島神社が400年をむかえ、
新しく海上鳥居が建てられました










瓶子岩(へいしいわ)









アケボノソウ












ツリフネソウ





 




江差に眠る旧幕府軍の『開陽丸』
復元船


 





江差追分節記念碑












テングダケ



















 





対岸には
風力発電の塔が立ち並んでいます
まるで白い十字架に見えます










カモメ島の内側には
何やら白い石碑が・・・














 
















「いつの時代にも 青年の夢が
やがて世界を 揺り動かして行く」

「1986年 6月 14日、百年の時を超えて
昭和の北前船 「辰悦丸」が
白帆を高く上げ 伸びやかに
ここ江差に入港した 」






江差の鴎島(かもめじま)灯台










鴎島(かもめしま)灯台

~ふるさとの島を見守る~

この灯台の前身は、ニシンで栄えた江戸時代、
江差の海に集まる北前船などのために
かもめ島に目印として、油や木を燃やす灯台を造り、
行きかう船の安全を見守っていました。
鴎島灯台は、これを引き継ぎ、1889年(明治22年)に
点灯し、今もふるさとの海を見守りつづけています。
そして今でも、当時の華やかな時代をしのんで、
『江差の五月は、江戸にもない』と、
言い伝えられています。

(灯台前の案内書より)

 
 
厚沢部にあるレクの森で見つけた「ポルチーニ」というキノコ
ちょうどチョコレートのパウダーをまぶしたようなトリュフタイプです。
傍にいらしたキノコに詳しい人に確認してもらい
記念に、持ち帰りました。
スライスして、冷凍庫にしまってあります!

・・・でも、ネットで調べるにつけ
本当に大丈夫かちょっと心配になり
食べるのはよそうかなと思っています。
キノコの判定はむずかしい・・・