花と光と風と…
 Index Home
ホシゴイ・ゴイサギ   Autumn  2016






ホシゴイ (幼鳥)

たいていの幼鳥やメスは、
敵から身を守るためにか
目立たない茶系の保護色を身にまといます
このホシゴイも幼鳥や若鳥時代は
褐色に白いまだら模様があります







ゴイサギ (成鳥)

成鳥になると胸元は真っ白で青い羽根を持つ
とても美しい鳥に・・・
成鳥の色彩になるまでには3年ほどかかり
目の色は黄色から次第に赤へと変化します。
夜に飛びながらクワッと鳴くその声から
「夜烏」の異名を持つとのこと


 




アケボノソウ  (リンドウ科センブリ)

花は5弁で星型。花弁には紫色の点と、
黄緑色の特徴的な丸い模様。
和名アケボノソウの名前は、この模様を
夜明けの星空に見立てた名前。
別名キツネノササゲ。


 




オオアワダチソウ  (キク科)







 




 
  ゴイサギの名前の由来は、醍醐天皇の時代に遡ります。
 
 『平家物語』によると・・・、
ときの天皇、醍醐(だいご)天皇が、池にいたこの鳥を見つけ、捕えるように家来に命令しました。鳥は、家来が近づいても逃げることなく、おとなしくつかまりました。

 天皇は、命令にさからわず神妙であると、ゴホウビに五位の位(くらい)を賜わり、それからこのサギは五位のサギ、ゴイサギになったというのが、その名前の由来だとのことです。 

ちなみに「五位」とは、古代日本の律令制の導入に伴って定められた、貴族や役人の「官位」や「官職」に由来するもので、
「一位」から「五位」が貴族の位とされ、
「六位」から「八位」そして「初位」までは、
朝廷に仕える役人に与えられた位だったとのことです。


 ・・・なるほど、かの醍醐天皇より、直接に命名された鳥だったとは!・・・驚きです。








マツムシソウ  (マツムシソウ科)

本当に会いたかった花です











白いヒルガオ

ふっくらとした純白の花
とても上品で気に入りました









ツリガネニンジン  (キキョウ科)















 


まだホシゴイ(幼鳥)ですが、
ちょっと大人に近づいた??
少し青みが増してきたような???








センニンソウ  (キンポウゲ科)












ベニシジミ










成鳥:ゴイサギ