花と光と風と…
 Index Home
シラサギの仲間たち  Spring  2016






アマサギ (黄毛鷺)



 


  川原や湖沼、田んぼなどで、良く見かける白いサギ。白いサギだから、「シラサギ」と呼んでいましたが、いわゆるシラサギ(白鷺)とは、コウノトリ目サギ科」のうち、ほぼ全身が白いサギ類の総称で、シラサギという呼名のサギはいないということがわかりました。

 
数ある中で、この「シラサギ」の仲間には、大きい順に、ダイサギ(大鷺)、チュウサギ(中鷺)、コサギ(小鷺)があり、そしてカラシラサギ(唐白鷺)も加わります。また何故か真っ白ではないのに、このアマサギも白いサギの仲間に入ると知りました。ちょっと驚きですね。

 様々な野鳥が集うある河畔で、初めてアマサギに出会いました。最初はかなり距離があったので
カメラを向けながら、どうか逃げないでねと、心で念じました。すると、15m以上離れた対岸から、中州に渡り、更にこちら岸に渡り、2~3mほどの近距離まで接近してきたのです。まるで、もっとしっかり見てねと言わんばかりに・・・。
嬉しくて天にも昇るような気持ちでしたよ。

 




















アマサギ










 
 













ダイサギ (大鷺)






 










 










 




ダイサギ











ダイサギ




















 










 




ダイサギ









アオサギ (蒼鷺)






 





















 




アオサギ










チュウサギ  中鷺

ダイサギに比べて、額は丸く
頸、足、嘴も短い