♪ 小さな私塾の先生から見た子ども達、風景、異文化の世界 ♪
花と光と風と…
 Index Home
地球岬    May 2010

 









            母なる地球、母なる岬・・・
                         
 
室蘭市の「母恋(ぼこい)駅」からまっすぐ南に進み、
山の斜面を登っていくと、『地球岬』に辿りつきます。

 『地球岬」・・・初めてこの名を聞いた時、なんて素敵
な響きだろうと思いました。ほどなくしてそれはアイヌ語
の「ポロ・チケップ」(親である断崖という意味)が、
チケウエからチキウ、そしてチキュウと転化し、地球岬
という当て字が使われたのだと知りました。

 でも、ここの展望台に立ってパノラマに広がる水平線
を見渡すと、ゆるやかにカーブを描くその海原はたしかに
地球が丸いことを教えてくれています。
そしてこの地球岬は「北海道の自然100選」で1位となった
北海道を代表する景勝地でもあるそうです。

 展望台に至る階段には『母なる地球 母なる岬』と書い
てありますが、まさに『地球』=『Mother Earth』であり、
地球は全ての生きとし生ける物を生み、育んできた母な
る存在だな〜と、改めてそのありがたさを感じさせられた
次第です。

 この展望台のすぐ近くには、遊歩道があり、早春の
花々がやさしく風に揺れていました。







ニリンソウ





『母なる地球 母なる岬』






タカネスミレ







エンレイソウの群落


 

   
                 地名由来板

         
「 チャラツナイ 」(茶羅津内)         
 
  チャラツナイの語源は、アイヌ語で「チャラルセ・ナイ」つまり  
 『滝をなしてサラサラと流れる小川』という意味で、その施設は 
 今も・・・にある。
 海上に点在する岩の中で一番大きい円錐状をしているのが、 
 「ムカル・イソ」(マサカリ岩の意)と呼ばれるもので、この岩
 には「天地創造にさいし、コタンカラカムイ(天地創造の神)は
 クワとマサカリと石鎚を使った。全てが終わったのち、これらの
 道具を捨てて天に帰った。この道具は腐るにつれて魔神や  
 悪い水になったが、マサカリだけは重いため魔神にもなりきれ 
 ず、そのまま岩になってしまった」というアイヌ伝説がある。   

  ムカル・イソの下には四角い穴があり、満潮時には小舟が
 出入りできることから、和人は「窓岩」と呼んでいたが、
 やがて蓬莱門というどっしりとした名前に変わった。


 






 

不思議なパワーを感じる『断崖』です














タチツボスミレ
 



ツクバネソウ




エンレイソウ
 



蝦夷エンゴサクの白花!

 












断崖から見た「ロウソク岩」


    
 
 
             地名由来板

              
 「 マスイチ 」       
 
  語源は「マスイチセ・ウミネコの家」という意味で、東蝦夷日誌にも  
 『くちばしと水かきが赤き鳥が住む故、名づく』と記されている。
  
  今でもウミネコやイワツバメの楽園となっており、マスイチ浜に
 造形美を誇る奇岩奇石の展望は、室蘭八景の一つとなっている。

 この海岸は清らかな水をたたえた入江だが人家は無い。
 もっとも有史以前には、先住民族が穴居生活を営んでいたらしく
 昭和34年にかなり大きな遺跡が発掘された。

 先住民族たちは、この入江を舞台におおらかな狩猟生活を送って
 いたのであろう。




 




キクザキイチゲ



 




絶壁に咲くキジムシロ